6年放置で恐ろしいことになってた電子キーを復活させた

我が家の玄関にはCAZASっていうLIXILの電子キーシステムが入ってます。

ですが、当初スマホで鍵があけられるCAZAS+ってのと勘違いしてて、カードキーでしか対応していないってことが入居後にわかってからまったく使ってません。

とは言っても、一応カギを忘れたり無くしたときの予備としてカードは持ち歩いてました。

 

でもここ4年以上はまったく使ってなかったかと思います。

使わないから別にいいんです。

じゃ、無いんです。

中に電池が入ってるんです。

使ってるときにピッていう音のなり方が変わった時に電池交換のサインなんだそうです。

でも使ってないからいつが電池交換が気づかないですよね。

 

取説をみたら1年で交換してねって書いてありました。

で、新築以来なので、すでに6年近く放置ってことです。

ふと思い出してボタンを押すも何の反応もなし。

やばい!って思って中を見てみました。

ここです。

この黒い部分が電池ボックス。

開けたら液漏れをしてサビサビになった元電池さんがいらっしゃいました。

目の毒なので画像はお見せできません。(単なる撮り忘れです。)

ぎっちぎちに固まってたので電池を取り出すのも一苦労です。

一生懸命電池を取り出して、中を掃除しようとしてみるもうまく奥まで届きません。

 

電池ボックス丸ごと交換ができるのかな?とLIXILさんに問い合わせて見ました。

パーツ交換ができるそうです。

費用はパーツ代に加えて工賃や出張費がかかります。

ざっくりとパーツ代+1万円だそうです。
パーツ代が数百円レベルでも1万円になるってあほらしいですよね。

 

自分で交換しますからパーツだけ買えませんか?

と聞いてみたら、LIXILからパーツだけ買うことはできないけど、ホームセンターや住宅メーカーを通してなら買うことが出来ます。
パーツはこれです!って型番(QDN102)を教えてもらいました。

調べたら楽天でも売ってました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リクシル 部品 CAZAS用受信器 QDN102 LIXIL トステム メンテナンス
価格:29780円(税込、送料別) (2021/2/7時点)

楽天で購入

 

たけーーーー。3万かよー

電池ボックスだけじゃなくてその周りの基板まで一緒なのかよーーー

 

ってことで、自分で交換することは断念。

 

でもこうやってパーツで売ってるんなら自分で取り外して掃除できるんじゃないのか?

 

って思ってやってみました。

上と下のネジを外すと、ユニットが取り出せました。

コネクタが2個あるので外してみます。

1個は見えてますよね。もう一個はこの奥。

こんな奥に刺さってるのどうやってとればいいの???

もっとドアをバラバラにしないといけないんでしょうか?
いやぁ出来そうもありません。これ交換の際にはどうするんだろうか?

じゃぁこの基板の方の抜けばいいんじゃないの?

ってことで開けてみました。

液漏れの部分がお見えでしょうか?

電池が当たる金属バネの接点の所がさびてて接触が悪そうです。

 

で、上にあるコネクタが抜けるんじゃないかな?って思いましたが、抜けません。。。

 

仕方ないのでこのブラブラの状態のまま電池ボックスのお掃除しました。

パーツ買わなくてよかった。買っても取り替えられないところだった。ふぅ。

 

液漏れの跡は比較的簡単に取れましたが、あとはリューターを使ってバネや接点を磨きまくりました。

ちなみにリューターってのはこれです。細かいものを切ったり磨いたり穴開けたりってのが出来て結構便利です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。] PROXXON プロクソン 電動リューター ミニルーター MM50 12V
価格:9900円(税込、送料別) (2021/2/7時点)

楽天で購入

 

そういえばダイソーでも売ってましたね。1000円位はしたと思いますが。

 

で、なんとか奇麗にしました。

 

これで元に戻しまして、
電池を入れて無事動作しました。

ふぅ。お金かからなくてよかった。

 

ってことで、使わなくても電池交換はしないといけません。

本当に使わないのなら電池抜いておくってこともできるんですが、いざ鍵を無くしたときを考えると保険の意味でこれは使えるようにしておきたいですので。。。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました